企業の交通事故対策に、
Proの確かな視点を。

事故削減・安全運転分析支援サービス 車録Pro シャーロックプロ

  • AI運転行動の
    可視化

  • ×
  • PRO動画分析
    コンサルティング

危険運転や運転者の特性をAIが検知
運転時のリスク情報を見える化
交通リスクの専門分析官による分析・指導

これが、「車録Pro」が実現する事故削減ソリューションです。

ドライブレコーダーやテレマティクスを導入するだけでは、
交通事故の削減には繋がりません。
運転者の日常運転に発生している危険運転を抽出し、
その危険運転や改善ポイントを適切にフィードバックすることが重要です。

車録Proは、Mobility Technologies社が開発したAI機能付きドライブレコーダーを活用し、日常の危険運転に潜む、運転の特性、気の緩みを可視化し、運転特性を運転者だけでなく管理者へも共有し、指導、改善をサポートするサービスです。

分析官が、運転者ごとにその危険性や改善ポイントを分析し、フィードバックを行います。これにより運転者の日常運転に対する意識が向上し、短期的な交通事故削減だけでなく、長期的な安全運転文化の醸成の実現が可能です。

日常の運転行動の分析AIにより様々な危険シーンを検知

効果的な指導をアシスト運転行動をレポート画面でわかり易く表示

運転者ごとの運転を毎月分析
継続的改善提案による効果の最大化
充実した運用コンサルサポート

Technology

危険シーンを検出

最新のAIで日常の運転を解析
危険シーンを検出

画像認識技術(AI)と危険検知アルゴリズム(AI)を用い運転行動を可視化
AIを組み合わせることにより、一時不停止や車間距離不足等、急ハンドル・急ブレーキだけではないこれまでは検知できなかったさまざまな危険シーンを検出します

AI

AI技術を用いた
ドライブレコーダーが
危険を検知

最新のAIを搭載したMobility Technologies社が開発したドライブレコーダーを使用

ソフトウェアのアップデートにより、新機能が追加に!
ドライブレコーダーの自動更新機能によりソフトウェアを更新することで、新機能が自動的に追加されます。
現在、居眠りや急後退の検知など、新機能を開発中です。

最新のAI技術を搭載し、前方車両や運転者の顔を自動で認識
AIでリアルタイムに前方車両や運転者の顔を認識し、警報や動画で注意喚起を実施。複雑な運転状況やヒヤリハットは、AIが情報を解析することで誤検知を低減します。電源もシガーソケット タイプとアクセサリー電源直結タイプの2系統からご選択頂けます。

・最新のAI技術を採用
・前方車両や運転者の顔を 自動で認識
・通信により動画等を転送
・スマートフォンでも確認可能
・夜でも鮮明なカメラ映像
・高感度加速度センサー搭載
・高画質記録+音声記録

センサーによる車の挙動だけでなく、車外・車内向けカメラの映像解析、地図情報を組み合わせることで、習慣化された危険運転行動や運転者の状態に潜むリスクまで検出

収集するデータ、
画像認識結果
検出できる
危険シーン
加速度
センサー
/GPS
•走行時間/距離/速度
•急加速/急ブレーキ
•急ハンドル
•GPS位置情報
発生した危険事象
•衝撃
•衝突回避 (急ブレーキ/急ハンドル)
•一時不停止
•制限速度超過 (低速路含む)
外向きカメラ
+画像解析
•前方車両
•二輪車
•歩行者
•車線
•車間距離
習慣化された危険運転行動
•車間距離不足
内向きカメラ
+画像解析
•運転者の顔向き
•眼の開度など
運転者の状態に潜むリスク
•脇見
•居眠り(開発中)
  • 急加速・急ブレーキ
  • 急ハンドル
  • 一時不停止
  • 制限速度超過
    (低速路含む)
  • 車間距離不足
  • 脇見
  • 前方車両衝突

運転行動を確認

検出した危険シーンを分かりやすくレポート

カメラ映像と地図情報と連携して、一時不停止、 わき見、車間距離、速度超過などの危険走行を把握。
個人のスコアや危険運転シーンで運転者のリスクや特性を可視化
運転者別・拠点別の結果を管理者へ共有

Visualization

運転行動をわかりやすくレポート

【危険シーン通知】
緊急度の高い危険シーンは即時運転者に知らせるとともに、メールにて管理者に通知
緊急度が低い危険シーンはWebシステムで確認し、運転の「特性」の把握や改善に活用

【WEBシステム】
日々の振り返りの中で、目標を確認し、危険シーンの数やスコアの推移で改善を実感
検出された地点と動画により、自分の運転行動を振り返ることで継続した当事者意識を醸成

1.目標達成度を確認

目標設定項目に対する
結果と進捗を確認

2.危険シーン地点確認

危険が検出された
場所を確認

3.危険シーン動画確認

動画(数十秒)にて
危険シーン詳細を確認

4.スコア推移状況確認

スコア推移を確認し
今後の目標を定める

【WEBシステム_管理者用】
・目標未達者、注視している運転者の運転状況が一目で把握可能
・運転者への声掛けのポイントが容易に把握でき、コミュニケーションを起こさせる仕掛け

【WEBシステム_管理者用:拠点別の結果表示】
・直感的な操作により、拠点別・チーム別のリスク運転を把握することが可能
・結果一覧はCSV出力も可能で、より詳細な集計・分析も可能

Consulting

レビュー・
フィードバック

分析官が危険シーンを確認
運転状況を分析
交通事故削減のためのマネジメントサイクルを提案

  • ①ドライブレコーダーに記録された動画データに基づく、分析官による運転者毎の特性や改善点をまとめたレポートの作成
  • ②改善点の定期的なフィードバック
  • ③効果的な安全運転教育ツールの提供や座学の実施を実施することにより、企業の安全運転推進をトータルサポート

分析官が危険な動画を確認し、運転状況を分析
交通事故削減のためのマネジメントサイクルを提案

車録ProではWEBサービスに加えて分析官による動画分析サービスを提供しています。 分析官が事故に繋がる危険な動画や交通違反等の映像を確認し、運転状況を分析します。 危険なヒヤリハット映像に対しては、改善点などを明記したレポートを動画毎に作成し、最適な運転方法をフィードバック致します。
これにより、状況に応じた的確な改善提案を個別に行うことが可能です。

目標設定した結果と進捗を
スマートフォンで確認できます

スコア推移を確認し苦手な項目を
把握したうえで今後の目標を設定

“安全運転の確立”に向けて、レポートの閲覧履歴を活用し、
確実なマネジメントサイクルを実現

運転者上⻑

運転者が安全報告書等を閲覧したかを把握し、安全指導を行うことができる

運転者

改善項目を明確になり、映像やスコアによって改善状況を理解できる

部門⻑

マネジメントサイクルが回っているかを確認することができ、運転者上⻑への支援が可能

Report

分析官のプロによる、
ドライバーごとの分析・指導

集積されたデータを元に「個人別安全報告書」を作成。
運転者1人ひとりの運行状況を分析し、最適な事故削減対策指導や安全運転教育を行います。

危険運転動画記録機能
「ヒヤリハット(危険な運転)」事例発生前、発生時、発生後の映像を記録。映像を分析し、危険運転の振り返りおよび運転改善指導を行います。

「ヒヤリハット(危険な運転)」発生時の状況と対応策のコメント
「ヒヤリハット(危険な運転)」事例発生時の状況を分析。「交差点での前方不注意が多い」といった運転者の傾向や、「十分な車間距離の確保を」などの改善ポイントを指摘します。

速度および加速状況
走行速度や急激な加速、減速の状況を可視化。運転者の特性や「ヒヤリハット(危険な運転)」事例発生時の正確な情報を把握することができます。

講習会の開催・安全運転
教育プログラムの作成

運転者や運行管理者を対象に、経験豊富な専門分析官がそれぞれに最適なプログラムを策定。講習会および研修を行います。
プログラムの例

運転者向け(新卒・中途・事故多発者)
ドライブレコーダーから取得した「ヒヤリハット(危険な運転)」映像や実際の事故映像を用いた事故対策プログラムを作成。交通事故を未然に防ぐ、危険予知訓練を行います。

運行管理者向け
運行管理や交通事故対策などのリスク管理を中心に、運行管理者に必要な基礎知識を指導、研修を行います。

その他サービス例

  • 事故特徴、傾向分析
  • 事故削減に向け明確な数値目標を決定
  • 安全運転教育実施計画立案・実行
  • 各種教育準備、窓口対応、
  • 実施、レビュー
  • 座学安全講習会
  • 各種教習施設手配
  • 社内啓蒙資料作成
  • メルマガ作成・配信
  • 事故レポート作成(月間、半期、通期)
  • 各種キャンペーンの立案、実施
  • トレーニング歴管理

車録Pro(シャーロックプロ)についての
お問い合わせはこちらから